新築住宅購入で注文住宅を選択

新築一戸建て住宅を購入しようとしたことがあるのですがその時に建売にするのか注文住宅にするのかということで色々と悩むことになりました。はっきり言ってどちらにもメリットがあったりするのですが私の場合は色々と注文をつけたいと思っていたこともありましたので注文住宅でという路線で探してみることにしました。まず建売のメリットなのですが少し安いということがあります。分譲住宅と呼ばれるものですから同じような形の住宅にはいくつもあったりするということになりますのではっきりで作る時にものすごく楽ということがあります。資材なども一括で仕入れることができますし、作る時にその度の計画を立てる必要性はなく、かなりコストを抑えて作ることができるというのが一般的なことになりますので購入する側としても安くすることができる可能性が高いわけです。

しかしなにかと自分の思い通りにしたいと言うのであれば注文住宅の方が良いということは言うまでもないことになりますので私はそちらを選択したということです。さて、どんなことを意識して作ろうとしたのかと言いますと高い耐震性というのがあります。何かと災害が多くなってきている昨今、住宅こそ最終的にその人が身を守るために必要なものであると言えますので様々な災害に対して強いタイプの住宅ということを望んだわけです。さて、結局どんな家にしたのか、ということですが、鉄筋コンクリート製です。これが最も耐震性的に安心出来ることになったからです。火災にも強いです。

そうした意味においてかなり素晴らしいのは確かではあるのですが、それはよいのですが問題は重いということです。それと資産的な価値として高くなることがあります。つまりは、固定資産税などが木造よりも高くなるということがありますから、ネックともいえることはあるのですがそれでも安心して住むということにおいては最高の家だと思っているので基本的には満足しています。

PR|SEOアクセスアップ相互リンク集|エステサロンを上手に利用する情報サイト|工務店向け集客ノウハウ|AGAでお悩み解決|女性向けエステ.com|お小遣いNET|健康に役立つ口コミ情報|クレジットカードの即日発行じゃけん|ダイエットチャレンジ100日|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|会社経営に必要な知恵袋|注文住宅のための用語集|